La pluie -ラ プリュイ-

ページの先頭へ

La pluie -ラ プリュイ-
頑張っている自分にご褒美を。
リトリートという方法で日常をデトックス。
忙しい日々を忘れ、 大自然の中で自分自身を見つめて心と体を満たしてみませんか?

リトリートとは?

リトリートとは後退や逃避といった意味を持っていますが、 ここでいうリトリートは、静養、休養。日常から離れるという意味です。

日常から離れ、新鮮な空気を取り込み季節の香りや音を感じてポジティブな時間を過ごして 内面と向き合う事が大切です。


なぜ今、必要なの??

私たちの暮らす社会は自然から遠のき物理的・精神的なストレスに満ちています。
その結果、本来備わっているバランスやリズムが乱れ自然治癒力が衰えて生活習慣病や免疫疾患、 精神疾患に加え不眠症や自律神経失調症などの慢性病が増える一方。

そんな現代だからこそ、心と体のバランスを整え自然治癒力を高める事が重要です。

睡眠、食事、運動、ストレスケアなどのセルフマネージメントを行い、 広い視野を持ちホリスティックに心身をケアしていきましょう。

熱塩温泉のリトリート

電車、電波も少ない熱塩。おまけにバスもありません。
山深く、自然と温泉があるこの土地はリトリートに最適です。 中でも熱塩の湯は元々、海水だったという説があり、海水を温めた物を海洋テラピーの一環のバルネオテラピー(海水療法)といって海外では 治療にも使われています。
海水が地熱で温泉になった熱塩温泉はまさにバルネオテラピーと言えます。
さらに、熱塩温泉「ふじや」のお湯は、フランスの海洋学の権威 Dr.アラン氏、
国立パリ13大学で薬理学を本格的に学んだ、日本の植物療法の第一人者・森田敦子氏の御墨つきです!!
体が芯から温まり湯冷め知らず。冷え性や神経痛などにも最適です。 後は来てからのお楽しみ。思わず『ハァー』と心も体も温まりますよ!

植物療法士
森田 敦子
ATSUKO MORITA
日本における植物療法の第一人者。
客室乗務員時代にダストアレルギー気管支喘息を発病したことをきっかけで、植物療法(フィトテラピー)に出逢い渡仏。
フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、症状が劇的に改善。 帰国後は、植物療法に基づいた商品とサービスを社会に提供するため会社を設立し、 自身がプロデュースする女性のためのデリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の商品開発や、 フランス フィトテラピー普及医学協会の日本で唯一の認定校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰。
著書に、日常に取り入れられているフィトテラピーを紹介した「自然ぐすり」(ワニブックス)や、 「自然のお守り薬」(永岡書店)、デリケートゾーンケアの重要性を説いて話題になった「潤うからだ」(ワニブックス)や 「枯れないからだ」(河出書房出版)がある。

プログラム

フランス植物療法普及医学協会認定のディプロマを持ったメディカルフィトセラピストの山本優介氏主催リトリートプログラムには、操体(マッサージ)やヨガ、バリアージ、カウンセリング、農業体験などが体験できます。
どれも質の高い講師陣がケアをいたしますので安心してご参加くださいませ。
リトリートスケジュールは、月・季節によって異なります。下記のスケジュールは一例です。
【日 程】
2泊3日4食付
【定 員】
5名様限定
【お食事】
・1日目の夕食
・2日目の朝食と夕食
・3日目の朝食
【持ち物】
動きやすい服装をお持ちください。

カルテご記入のお願い

1人1人に合ったカウンセリングやセラピーを丁寧に寄り添って行う為事前にカルテを送信致しますので、
ご記入頂き下記にご送信ください。
頂きましたカルテは個人情報に基づき主催の山本が一括管理致します。 但し、場合によって講師陣にのみシェアする場合がございます。
ご不明点はお気軽にお問合せください。
メールでお問合せ

料 金

お一人様 73,800円(税込)
  • ※クレジットカードでのお支払いも可能です。
  • ※限定プランの為、キャンセルはできませんのでご了承くださいませ。
  • ※農業体験にて収穫した野菜は配送可能ですが着払いとなります。
  • ※季節に応じて種まきなどの農作業体験になる時もございます。

講師紹介

準備中の Retreatリトリート Salonサロン 「La pluie」ラプリュイ

ティールーム,アートギャラリー
カウンセリングルーム(2階)
2021年4月OPEN

フランス海洋学の権威
Dr.アラン氏からの手紙 ご紹介

La pluie owner 山本 優介

La pluie owner
メディカルフィトテラピスト(AMPP認定 フランス植物療法普及医学協会植物療法士)
JAMHA ハーバルセラピスト課程修了
作家、日本児童文学者協会会員

生活の木に就職し植物療法と出会う。その後もハーブ関係の会社を経てイタリアのサンタ・マリア・ノヴェッラの日本支店でショップマネージャーを務め、古来のハーブ療法に興味を持ち、AMPP認定のフィトテラピストになる。

一方、アートにも力を入れ詩作も行う。2014年には絵本『ふたりのたからもの』を出版(西村書店)

今までの経験のもと、 植物医療と芸術を融合させた、
リトリートサロン La pluie の代表を務める。